TuxGuitar

ギターの作曲に タブ譜や指版を使える無料作曲ソフト

完全な説明を見ます

賛成票

  • 楽譜を読めればサクサク作曲できる
  • ギターの指版やピアノの鍵盤で作曲できる
  • ギターコードが収録されている

反対票

  • 楽譜に馴染みがない人には使いづらい
  • リアルタイム演奏はできない

とても良い
8

TuxGuitarは、ギター用のタブ譜や五線譜を使って作曲できる、英語の作曲ソフトです。作曲方法は二通りで、ギターの指板やピアノの鍵盤をクリックするか、直接譜面に書き込むか、いずれかを選ぶことができます。楽譜さえ読めれば、サクサクと快適にメロディーを譜面に起こしていけるでしょう。音楽、とくにギターに馴染みがあればDTM(PC作曲)については初心者でも快適に使える作曲ソフトです。

TuxGuitarを起動すると、2種類の楽譜(五線譜とタブ譜)とアイコンメニューが現れます。「View」メニューの設定を変えて、ギターの指版かピアノの鍵盤も表示させると更に便利です。作曲するには、アイコンメニュー内で音符の種類(4分音符など)を選び、楽器か譜面上で出したい音をクリックします。音やコードが譜面上に表示されたら、「>」ボタンを押して次の音に進みます。作曲した曲は、TuxGuitar内で再生したり、形式を選んで保存して他のプレーヤーで聴くこともできます。

使用楽器は、128種類(GM規格)の中から選ぶことができますが、お勧めはやはりギターです。主要なギターコードは既に用意されているので、リスト内から選ぶだけで簡単に楽譜に挿入することができます。また、ビブラートなどのエフェクト効果を追加したり、トレモロ、スライド、タッピングなどの演奏技法を指定することもできます。

TuxGuitarは、ギターやピアノなどの楽器を嗜む人にはわかりやすいでしょう。しかし、これから楽器を習い始める人や、楽譜に苦手意識がある人には向きません。また、PCのキーボードやマウスを使ってリアルタイムに演奏することはできません。

TuxGuitarは名前が語る通り、ギター曲に適した作曲ソフトです。これを使って、21世紀のギタリスト伝説を創りましょう 。

Mac版TuxGuitarはこちら

— その他(音楽・音声) —

TuxGuitar

ダウンロード

TuxGuitar 1.2